投稿日 :

幽玄の灯、千保川灯籠流し祭

高岡市を流れる千保川の横田橋付近では、毎年お盆の8月16日、昔は暴れ川だった千保川の、治水祈願と水難犠牲者供養のために、千保川灯籠流し祭がおこなわれる。

空が暗くなり始めたころから、つぎつぎと流される灯籠。川のみなもを流れる幽玄の灯は、情緒あふれる夏の風物詩。

先祖を敬い、感謝し、この思いを次代へ紡いでいくために。

GR DIGITAL III – GR BLOG トラックバック企画「夏」に参加

フィードバック

  1. nakaji より

    千保川の灯籠流しは風情があっていいですね。
    夜景が苦手と言っておられたGRでも、
    長い露光時間で灯籠のゆらめく軌跡を美しく捉えてておみごと!

  2. Hannya より

    何千という灯籠がつぎつぎと流されていく様は、風情があってよかった。
    この日はちょっと風があったので、灯籠が川全体に広がらず、片側にばかり寄ってしまったけどね。
    しっかりと三脚を使って、ISOを低感度で撮ったから、ノイズがひどくならなくてよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2010/08/senbogawa-tourounagashi/trackback/