投稿日 :

ライトブルーのeneloop lite

三洋電機から、くり返し使える充電式ニッケル水素電池「eneloop(エネループ)」の姉妹品として、「eneloop lite(エネループライト)」が発売された。

eneloop liteは、リモコンなどの低〜中消費電力機器をターゲットとし、電池容量を従来のeneloopより抑え、価格も3割ほど安く設定されている。

電池容量が少なくなったことで、従来のeneloopより電池の使用可能時間は半分ほどに減っているが、安くなった価格とともに、充電時間が大幅に早くなったり、重さが軽くなったりといったメリットは大きい。

実際、AppleのMagic Mouseに使用していた電池を、eneloopからeneloop liteに替えてみたところ、単3形2本で16gの差でも、けっこう軽やかになった気がする。

とりあえず2本購入したのだが、Magic Mouseのローテーション用に、もう2本購入しておこうかな。そのほかは追い追いということで。

これで、三洋電機の充電式ニッケル水素電池は、通常のeneloopと、少容量で低価格のeneloop liteという、2本立てのラインナップになったわけだが、これらは、機能と用途だけでなく、見た目でも区別がつきやすいようにデザインされている。

広がりを感じさせる白いボディに、大きなロゴのeneloop。締まりと軽さを感じさせるライトブルーのボディに、小さなロゴのeneloop lite。「名は体を表す」ならぬ「体は内を表す」といったところか。

eneloopとeneloop lite。用途に合わせて使い分けていくことで、家で使用する電池の総eneloop化が、よりいっそう進んでいきそうだ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2010/06/eneloop-lite/trackback/