投稿日 :

美しき敗者たち 喜多嶋隆

流葉爽太郎の相棒、熊沢が急病で倒れた。代わりにやってきたのは、仕事はできるが、どこか謎めいた面を持つ美女だった。彼女との初仕事は、自動車会社の新車CF。流葉が起用を決めたのは、47歳の現役Jリーガーだった。一度夢をあきらめた男は、娘のため、そして自分自身の誇りをかけ、ピッチに戻ってきたのだ。男たちの夢が、女たちの想いが、いま疾走し始める!

喜多嶋隆『美しき敗者たち』(光文社、2010年)、カバー

喜多嶋隆の新刊、CFギャング・シリーズ『美しき敗者たち』が光文社文庫より。

お馴染、流葉爽太郎のちょい不良オヤジぶりが楽しめるこのシリーズ。ずいぶん長く続いているが、今作では登場人物に大きな動きがあった。

シリーズの初回よりずっと登場していた、相棒のプロデュサー、熊沢が急病で倒れて入院。そして、代わりのプロデューサーとして新しいキャラクターが登場。これからもレギュラーとして登場するのか? そうなると熊沢の出番は? これは、シリーズの次回作も楽しみになってきたぞ。

ところで、いつも葉山マリーナで開催されている、喜多嶋組の総会。去年とおととしの春には参加したのだが、何かと物入り続きで今年は参加できずに残念。しばらくご無沙汰しているためか、湘南、逗子・葉山の風のにおいが懐かしくなっているのだが、そんな気分を少し和らげてくれているのが「湘南ビーチFM」だ。

この湘南ビーチFMは、葉山マリーナの一角にスタジオがあるコミュニティFM放送なので、逗子葉山地域以外ではラジオで聴けない。しかし、サイマルラジオでネット配信されているため、パソコンやiPhoneなどがあれば、富山にいながらも湘南ビーチFMを聴くことが可能。ありがたい。

音声と一緒に、葉山マリーナに設置されているライブカメラ映像も配信されており、休日の夕暮れ時、湘南のサンセットを眺めながらの湘南ビーチFMが、最近の楽しみのひとつになっている。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2010/05/loser-like-winner/trackback/