投稿日 :

Flashコンテンツの読み込みを制御する、ClickToFlash

最近はAppleとAdobeの間で、Flashをめぐる熱いバトルが繰り広げられているようだが、iPhoneやiPod touchを持っておらず、iPadも買う予定がない身としては、今のところ対岸の火事といった様子。あくまでも今のところ、ね。

見る側にとって大事なのは、あくまでもコンテンツなので、それがFlashであろうが、JavaScriptやHTML5であろうが関係ないのだが、作る側としてみれば、制作環境を一社にコントロールされているよりは、オープンな環境の方がやりやすいのかな。

個人的には、ティーザーサイトなどの一時的なモノに関してはFlashでもいいと思うのだが、恒久的な通常サイトでの動的な部分は、JavaScriptやHTML5の方がいいのではないかなと思っている。

あれ? なんだか前置きが長くなって、話が違うところに行っちゃったな。

まあ、そんなFlashだが、最近はサイトのメインイメージでやたら重いFlashが使われていたり、Flashの広告がいくつも貼られていたりと、古い環境にはなかなか厳しいサイトも多い。そんな古い環境の強い味方となってくれるのが、Mac OSXのSafari用プラグイン「ClickToFlash」だ。

これは、Flashコンテンツの読み込みをクリックするまで停止するプラグインで、これのおかげで、重くてなかなか表示されなかったページも、かなり速く表示される。

メインで使用しているMacBook Pro+MacOS X v10.6では、特に問題がないのでインストールはしていないが、PowerMac G5+MacOS X v10.4だと、Flashコンテンツがコマ送りのようになったり、Safarを巻き込んでエラーを起こしたりと、結構厳しい環境だったのが、ClickToFlashのおかげでずいぶんと快適になった。

必要なものだけをクリックして表示させればいいので、無用なFlash広告も表示されないし、Flashコンテンツを自動的にロードさせたいサイトは、指定しておけばいつもどおり自動的にロードされる。

Safarで重いFlashコンテンツに困っている人には、おすすめのプラグインだ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2010/05/clicktoflash/trackback/