投稿日 :

海の貴婦人 海王丸、今年初の総帆展帆

海王丸パークに係留されている帆船「海王丸」の総帆展帆が、今年初めて行われた。

1時間以上かけてすべての帆が広げられると、青い空に真っ白な帆が映える。まさに海の貴婦人という名のとおり、誇らしげな佇まいが美しい。

友人に誘われ、貴婦人が美しく着飾る姿を撮影に行ったのだが、今年初の総帆展帆で天気が良かったこともあり、大勢の家族連れやカメラマンが訪れていた。

帆を張り終わったあとの海王丸の周りには、作業をしていた一団が。彼らは一般のボランティアだそうで、基礎訓練を受ければ誰でも参加できるらしい。ぜひやってみたいと思ったのだが、マストの高い所に登る必要があるために断念。高所恐怖症だし……。

この日は、あまりにも天気が良くて、日焼けで顔が真っ赤になってしまい、こちらも今年初めて、SEABREEZEローションのお世話になることに。日焼け止めを塗っておけばよかった。

フィードバック

  1. minakaz より

    実は午後から海王丸パーク行きました。
    下の子の自転車(補助輪無し)の練習に・・・
    あそこ広いんだもん。

  2. nakaji より

    2枚目の写真、背中に男の哀愁が漂ってます?
    いい天気で気持ちよかったっすね、
    ますますカメラがやめられなくなりそうっす^^

  3. Hannya より

    @minkaz
    午後から来てたんだ、海王丸パークは広いからねぇ。
    自転車は乗れるようになった?
    ペダルを使わずに足で蹴って、バランスとりながら進む練習するといいらしいよ。

    @nakaji
    哀愁漂う男の後ろ姿、使わせてくれてありがとう。
    レンズ貧乏にならないよう、気をつけてねー。
    またどこかに写真を撮りに行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2010/04/kaiwomaru-souhantenpan/trackback/