投稿日 :

Jake Shimabukuro JAPAN TOUR 2008

富山市のclub MAIROで行われた、ジェイク・シマブクロのライヴ「AMERICAN EXPRESS presents “Music Is Good Medicine” JAPAN TOUR 2008」に行ってきた。

ハワイ出身の日系ウクレレアーティスト。最近では、映画『フラガール』の音楽担当としても有名かな。

今までずっとCDを聴いてきて、やっと念願の生ジェイクのライヴ。休日でよかったぁ。

ウクレレといえば、軽やかなハワイアン音楽のイメージがあるが、ジェイクのウクレレは、ハワイアンだけでなく、ロックやポップス、ジャズ、クラシック、はては日本古謡まで、さまざまな音楽を魅力的に奏でる。

今回のライヴでも、さまざまな種類の音楽を堪能できた。英語とカタコトの日本語を混ぜたMCも、ほのぼのとして楽しかったし。大好きな曲も聴けたし。ほんと大満足。

アンコールでは、ジェイクがステージを降りてきて、「一期一会」を、観客ひとりひとりに語りかけるように演奏しながら、会場内をゆっくりと1周。通路側の席に座っていたので、すぐ目の前、鼻先数センチの距離でのウクレレ演奏。すっごい感動! ジェイクのウクレレもキラキラと輝いていて、とてもキレイだった。

アンコールの最後には、お決まりの「Crazy G」。これまたお決まりの「Faster !!」の掛け声とともに、ジェイクの手の動きがどんどん速くなっていく。その速弾きは、まさに超絶技巧。

最後は、マイケル・ジャクソンの「Thriller」にのって、踊りながら帰っていった。

ジェイクが「来年も富山で」と言っていたが、もし本当にその機会があるならば、是非今回のように休日にしてほしい。また行きたいけれど、平日だと間に合わないからね。

よろしくお願いシマブクロ♪

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2008/11/jake-shimabukuro-japan-tour-2008/trackback/