投稿日 :

たまにはベトナム料理を

一度は行ってみたい国のひとつ、ベトナム。といっても簡単には行けないので、今日は、富山市のベトナム料理のお店「ティエン・コム・ベトナム」でベトナム気分。

ベトナム料理といえば、生春巻きやフォーなどが有名。米食文化で、春巻きの皮もフォーの麺も、小麦ではなく米で作られている。

あと、魚醤のニョクマムや、バジルやコリアンダーといったハーブ類を良く使い、香りを味わう食文化でもある。今日の料理でも、レモングラスのスープや、ミントたっぷりのサラダなど、しっかりと香りを味わうことができた。ハーブ系は、苦手な人も多いだろうけれど、慣れればホント美味しいよね。

ああ、でも今日はフォーを食べなかったな。今度行ったときには、フォー・ガーを食べよっと。

フィードバック

  1. moto より

    私も一度はベトナムに行って見たいんですよ〜!今は「ティエン・コム・ベトナム」にも行けませんが(-_-;)
    男の人ってあんまりハーブ系得意じゃない人が多いけど、hannyaさんは大丈夫なんですね〜。ちょっと意外(^O^)

  2. Hannya より

    ベトナム行ってみたいよね〜。なんといってもアオザイが……w
    ベトナム料理みたいなハーブは結構好きだよ。
    唐辛子系よりもハーブ系の食べ物の方が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2008/10/vietnamese-cuisine/trackback/