投稿日 :

ふたりでKIKIを聴いていた 喜多嶋隆

角川書店より喜多嶋隆の新刊『ふたりでKIKIを聴いていた』。

3本の書き下ろし短編と、アロハ航空の日本語機内誌『スピリット・オブ・アロハ』、ハワイ専門誌の『アロハエクスプレス』、海とボートの雑誌『パーフェクトボート』などに掲載された、いろいろな短編が1冊に。

収録されている短編は、すべてハワイが舞台になっている。また、作者の実体験がもとになったストーリーも多く掲載されており、ハワイ好きとして知られる作者が、ハワイという土地と、そこで生活する人々をどんなに愛しているかを、とても強く感じ取れる1冊だ。

そんな、ハワイ・フリーク作家の喜多嶋隆が、約20年前に出した、ハワイでのコンドミディアム滞在記『喜多嶋隆のALOHA BOOK』。その最新版が、「喜多嶋隆のMy Hawaii My Room 〜今年もハワイに帰ってきた〜」として、インターネット上で展開するらしい。10月より本格オープンということなので、楽しみに待っていよう。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2008/09/futaride-kiki/trackback/