投稿日 :

サマータイム・ブルース サラ・パレツキー

サラ・パレツキーのデビュー作で、ウォーショースキー・シリーズの第1作目でもある『サマータイム・ブルース』。シカゴを舞台に、女性私立探偵V・I・ウォーショースキーの活躍を描く、少しハードボイルドな小説。

1982年発表ということなので、結構昔の作品だが、この江口寿史のカバーデザインを見ると、つい懐かしくなり読みふけってしまった。原題は『INDEMNITY ONLY』。この本に限ったことではないが、どうしてわざわざ邦題で変えるのかなぁ。

女探偵モノの小説といえば、アガサ・クリスティのミス・マープルに始まり、コーデリア・グレイ、キンジー・ミルホーンなど、男の探偵モノほどではないが結構ある。私の好きな喜多嶋作品にもいくつか。しかし、このウォーショースキー・シリーズはほんとうにハードで、主人公のヴィクは、いつも困難な状況におかれ、怒り、傷つき、もがき苦しみながらも戦っている。そんな状況を、強い正義感や強い意思で乗り切ってみせるヴィクの姿に、「あぁ、自分も頑張らなければ」と励まされるたのは、私だけではないだろう。

ところで、ヴィクといえば大のシカゴ・カブスファン。作品の中にも、よくカブスの話題が出てくる。現在カブスにいる福留孝介が活躍すれば、ウォーショースキー・シリーズの新作に「Kosuke Fukudome」の名前が出たりするのだろうか?

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2008/07/indemnity-only/trackback/