投稿日 :

1991年型のDIAMOND BACK

ガソリンがまたまた値上がりし、レギュラーでリッター180円超えとか。ただでさえ支給される交通費が微々たるモノで赤字だったのに、こんなに値上がりされると、もう大赤字。給料もまともにあたらず、ボーナスなんて大昔に支給されたきりで、そんなものの存在すら忘れかけている身には、とても厳しい世の中だ。

ということで、昔乗っていたマウンテンバイクを倉庫から引っ張り出し、整備をして通勤用の足にすることにした。運動不足の解消にもなるし、一石二鳥だね。

倉庫から引っ張り出してきたのは、大昔に買った、1991年型のDIAMOND BACKのマウンテンバイク。これで、ツーリングやダウンヒル、耐久レースなど、多いときは毎週のように出かけ、ずいぶんと活躍してくれた相棒だ。しかし、10年ほど前からずっと乗っていなかったのであちこち痛んでおり、かなり整備が必要。

まず、シフターが壊れていたので新しいものに交換。シマノのブレーキ・ギア兼用シフターに交換し、ブレーキも古いタイプだったのをVブレーキに交換。グリップも新品になった。タイヤもひび割れていたので交換。今後は街乗り用として使うので、MAXXISのシティ用タイヤOVER DRIVEに。スタンドも必要なので取り付け。できればセンタースタンドにしたかったが、ワイヤーと干渉して取り付け不可だったので、普通のサイドスタンドに。ライトとチェーンロックも新しく買った。

とまあ、なんだか安売りの自転車が買えちゃうぐらい、お金がかかってしまったが、このマウンテンバイクの、頑丈なクロモリフレームにサス無しという武骨さが、結構気に入っているのでまあいいかと。しかし、まだ弄りたい所もあるので、もう少しお金がかかるかな。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2008/07/1991-diamondback/trackback/