投稿日 :

古いIEと新しいIE7を共存

2月13日から、「Internet Explorer(IE)7日本語版」の、Windows自動更新機能による配布が開始された。これで、古いIEから新しいIE7へと乗り換える人も少しは増えるだろう。

しかしもろもろの事情で、まだまだ古いIEが現役のままという人も多いと思う。このブログのアクセス解析を見ても、IE7と古いIEの割合は1対3といったところだ。

WindowsのIEは、新しいバージョンのIEをインストールする時に、古いIEが消されてしまう。しかし、新しいIEしか使わないという人にはそれでもいいだろうが、Webデザイナーなどにとっては、表示確認の必要性から古いIEも必要になってくる。そんな時に便利なのが「Multiple IE」だ。

これは、IE7の入っている環境に、IE3、IE4.01、IE5.01、IE5.5、IE6をインストールして共存させる事が可能な優れモノで、複数のマシンなどに別のIE環境を構築する必要がなくなる。このブログのテンプレートを作成する時には、これのおかげでとても楽に表示確認ができた。Webデザイナーにはオススメだね。

なお、Multiple IEはMicrosoftが正規に配布しているモノではない。Windowsの深い部分に影響しているIEだけに、もしかすると何か問題があるかもしれない。ということでお約束だが、利用は自己責任でということをお忘れなく。

追記:
現在は、IE5.5, IE6, IE7, IE8の確認が同時にできる、「IETester」を使用しています。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2008/02/old-ie-new-ie/trackback/