投稿日 :

魔女の宅急便 その5 魔法のとまり木 角野栄子

福音館書店より刊行されている、角野栄子の魔女の宅急便シリーズ最新刊『魔女の宅急便 その5 魔法のとまり木』を読んだ。魔女の宅急便シリーズもいつのまにか5作目だ。

実はずいぶん昔に、2作目まで読んではいたが、そのまま続きを読まず、本も古本屋に売ってしまっていた。しかし、今年の春に新刊が発売になったと聞き、また1作目から買い直して少しずつ読み進め、やっと5作目にたどり着いた。

「魔女の宅急便」といえば、スタジオジブリのアニメ映画の方が有名だが、原作本もなかなか面白い。ジャンルは児童書となっているが、大人でも十分に楽しめる作品だ。ちなみに、アニメ映画のほうは、原作でいうと1作目のあたり。宮崎駿オリジナルのエピソードを含めてアレンジされているので、内容はちょっと違う。だが、どちらも同じように、やさしさに包まれた作品だ。

さて、今作の『魔女の宅急便 その5 魔法のとまり木』で、キキは19歳になっている。いままでに色々な出会いや経験を経て成長し、もうすぐ20歳になろうとしているキキ。どうやらこのお話も、ここでひと区切りのようだ。次の巻は何年後になるのか分からないが、新しい「魔女の宅急便」を楽しみに待とう。

フィードバック

  1. moto より

    魔女の宅急便って原作あったんですか!?
    知らなかった・・・しかもキキが19歳とは・・・。
    でも面白そうですね!機会があったら読んでみたいなぁ。

  2. Hannya より

    そうそう、面白いよ。ぜひぜひ。
    そういえば、何年か前にこの原作を元にディズニーが映画化!
    って話があったけど、どうなったのかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2007/09/majotaku-5/trackback/