投稿日 :

Re:Genesis

バイオテロ、クローン・ベイビー、遺伝子操作、生物兵器……人類が手に入れてしまった、神をも弄ぶ手段。行き過ぎたバイオテクノロジーを調査し、真実を明らかにする生化学調査班「NorBAC」(北米バイオ諮問委員会)を舞台に描いたカナダのドラマシリーズ『Re:Genesis』。

お盆休みの間に、WOWOWで連続放送されていたファーストシーズンとセカンドシーズン。ファーストシーズンは今年の正月にも放送されていたね。今回はすべて深夜だったので、録画しておいたモノをまとめて観た。8月24日からDVDのレンタルも開始され、9月19日からDVDの販売も開始されるようだ。

高卒、しかもデザイン科卒の身には、難しくってワケワカメな単語が飛び交っていた。おまけに展開が速いので、最初はついていくのがやっと。しかし、それも最初のうちだけで、それぞれの人間関係や全体の構成を理解してからは面白くって、一気に観ることが出来た。というか、続きが気になって途中でやめられなかった。

で、お約束のごとく続きが気になる終わり方でセカンドシーズンが終了。カナダでは、もうサードシーズンが放送されているそうなので、WOWOWでも早く放送してほしいものだ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

現在ピンバックとトラックバックは受け付けておりません。