投稿日 :

オーシャンズ13

ダニエル・オーシャンをはじめとする個性豊かなプロフェッショナルが集まった、史上最強の犯罪ドリームチーム「オーシャンズ」。奴らが、ベガスに帰ってくる! 人気シリーズの第3作目『オーシャンズ13』を観てきた。

出演はジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンといった、お馴染みの面々。ジュリア・ロバーツとキャサリン・ゼタ=ジョーンズが出演していなかったのは少し残念。しかし、今回の敵役には名優アル・パチーノが。

単純で痛快だった第1作目の『オーシャンズ11』。なんだかグチャグチャになって分かりにくかった第2作目の『オーシャンズ12』。このまま落ちていくのかと思ったが、今作は第1作目のように、とにかくシンプルで分かりやすい。

内容がシンプル過ぎる場合、退屈でつまらなくなる可能性もある。しかし、『オーシャンズ13』は、そのシンプルな内容ゆえ、あの豪華な俳優陣の悪ふざけを、何も考えずに楽しめるという作品なのだろう。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2007/08/oceans13/trackback/