投稿日 :

環境をテーマにしたF1マシン

Honda Racing F1 Teamが、2007年シーズン参戦に向け、環境をテーマにした新しいカラーリングとマーケティング手法を発表した。

新しいマシンの「RA107」には、従来のF1マシンにあったようなスポンサーロゴが、フロント部の規定のモノ以外はまったく付いてない。そして、注目されていたカラーリングは、マシン全体がグリーンとブルーの地球イメージで覆われ、こちらも従来のF1マシンとはまったく違い、何だかコンセプトカーのようなイメージだ。

マシンにスポンサーロゴを付けない代わりに、パートナー企業に対して、マシン及びロゴの使用をライセンス化し、マーケティングツールとしての活用出来るようにしているらしい。そしてスポンサーフィーやライセンスフィーの一部を、環境保護団体などへ寄付をしていくそうだ。

新たに環境保護のためのチャリティーサイトを立ち上げたり、新しいF1マシンの発表会場にロンドン自然史博物館を選んだりと、これからHondaの環境問題への取り組みや貢献を、どんどんとアピールしていこうという事で、今回の新しいマシンはまさにHondaのコンセプトカーとなるのだろう。

今回発表された、Honda Racing F1 Teamの新しいマーケティング手法。これからもF1界に定着していくのか、それとも……。今後の展開に注目したい所だ。

ところで、もう一つ注目したいのがタミヤのプラモデルなど模型界での対応。タバコ広告が最初から無いというのは、模型メーカーとしてもありがたい所だろう。しかし、こういうカラーリングだとやはり全面デーカール貼り? 塗装とかはどうなるのかな? 大変そうだなぁ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2007/02/ecology-f1/trackback/