投稿日 :

機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛

誰も知らないラスト…新訳Z完結編『機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛』を観てきた。TVシリーズ33〜50話を元に再構築された、劇場版三部作の最終話。

随分とばっさりカットされているので矛盾点も多いが、まあ無難にまとまっているかなという感じ。第1部と第2部よりも新規カットは少ない印象を受けたが、新規カットの戦闘シーンはかなり作り込まれていて迫力があった。しかし見所といえばそれぐらいで少し残念。TVシリーズとは違い、シャアではなく完全にカミーユの話に代えられてしまったようだ。ダカールの話なんかばっさりとカットされているし。やはりZはシャアの物語でないと。

そういえばサラの声優がまた変わっていた。大人の事情か? それならフォウの声優もなんとか……。ハマーンの声優は同じだがTVシリーズよりもかなり凛とした雰囲気があり、こちらの方が好きかも。

で、誰も知らないラスト…についてはあえて触れない事にしよう。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2006/03/z-gundam-3/trackback/